CAMERA

「成果物」よりも「フローを楽しむ」ことを大切にしたい

新しいカメラを買って、写真を日常的に撮ることが増えました。

一度全ての機材を売ってしまっていたので、本当にゼロからまたカメラを趣味にする形に。それこそSDカードから買い直しました。

「写真を撮るのが楽しい!」が再燃したのだ久しぶりにカメラを買って写真を撮りました。 ずっと音楽に夢中になるためにカメラ・写真からは少し距離を置いてたんですが、日々ツイッタ...
今月撮った写真まとめ2019年10月カメラを復活させてからできるだけ毎日持ち歩くようにしてるんですが、なんせ移動範囲が限られているので意図的にどっかに行かないとなかなか写真...

新しいカメラ買うとなんか新鮮ですよね。RPGで言えば新しい武器を手に入れた感覚っていうか。(ちなみにレンズはマテリア的な)するとこんな感じになります。

  • 新しいストラップどんなやつにしようかなー
  • レンズ何がいいだろ
  • 今度いつ撮りに出かけられるかな
  • 明日は天気いいのかな
  • じいじばあばに子供の写真送ろう

みたいなワクワクドキドキが。こんな気持ちは本当に久しぶりで、初めてカメラを買った時の気持ちみたいな感覚。楽しいですよね、しばらくぶりに恋人ができた、みたいな。触るのもちょっと恐る恐る…みたいな。

今までは何でこの気持ちわすれてたんだろーって思った時に、Twitterで見かけたたけしさんのツイート。これめっちゃ突き刺さったんですよ。「あーこれだわ」って。確かスマホとハイスペックカメラの比較記事かなんかのシェアでした。

「撮影フローの楽しさ」。これをすっ飛ばして「成果物」ばっかり求めてたんですよね、きっと。

僕自身こんなブログをやってたりするので、どうしても「いい感じに撮りたい」「シェアされたい」みたいな下心があったんだと思います。っていうかありました。

それもあって「いい写真を撮らなきゃ」「ちゃんと記事として多くの人に見られなきゃ」というようなスケベ心が邪魔をして、本来の写真を楽しむってことをすっ飛ばしてたんです。

きっとその過程にある「楽しさ」の部分がなくなって、だんだんと気持ちが離れていったんだと思います。

もっと気楽に、もっと楽しく写真に触れていきたいし、撮る楽しさを感じたい。そのフローを楽しみながら家族や身の回りの人が喜んでくれたら最高ですね。

だらだらと前置きが長くなりましたが、ついでにフラットな気持ちで撮ったうちの家族の写真でも見ていってください!

やっぱり家族の写真ばっかり撮っちゃう、でもそれが楽しいんだからしょうがない

お兄ちゃんも小さい頃と比べてだいぶしっかりしてきた。お兄ちゃん感が出てきたな。

この間奥さんに下の子の髪の毛切らせたら思いの外悪くなかったので、僕はもう美容師やめようかと思いました。

ピントもズレてたりするけど今日も僕は元気です。

写真撮ってると大体幼稚園のバスに遅れます。

僕にとって「いい写真」はその写真を撮った瞬間を思い出せる写真

シゲ
シゲ
「いい写真」の定義って十人十色だと思いますが、僕にとってのそれはシャッターを切った瞬間のことを思い出せることなのかなと。この時こうだったよね、とかを誰かと共有できるみたいな。

「写真好きなはずなのになんか写真楽しくないんだよね」って人は僕と同じ病気だと思うのでフルリセットオススメです。

現像の工程とか、カメラのスペックがとか、シェアされるかどうかとか。そういうのを一回リセットしてみると、もっと楽しくなることがわかりました。

じいじばあばも喜んでくれるし、奥さんは「またカメラにハマり始めたんだねー」と他の趣味よりもまんざらでもない感じ。

シャッターを切って、奥さんにディスプレイを見せながら「ねえこの顔、面白くない?」みたいな時間がもっと増えるなら、高いカメラ買おうが、レンズ買おうが全部チャラになるくらい楽しくないですか?実質無料ですよ。

でもせっかく撮った写真だから。ブログも趣味の一つなのでこんな感じでラフに書くのも続けていきたいなあ。

あ、ちなみに新しいレンズはXF56mmF1.2です。このレンズ使ったことなかったんですけどやばいっすね。もうボス級のレンズ。最高。ちょっと高いけど。

もう一つ読んでみる?