カメラ・写真

雨の中、夜にFUJIFILM X-T1とXF35mmf1.4rで歩く

なかなか外に出る機会が減っているので、久しぶりに雨の中カメラを持ち出しました。夜に写真を撮ることは何度かありましたが雨の日に撮ったのは初めてだったかも。

夜買い出しに行くついでにふらっとカメラを持ち出して、約30分ほど撮ってきました。

夜の雨の中での撮影では、

  • シャッタースピードが遅くなるので手ブレしやすい
  • 傘を持ちながらなので撮影がしづらい
  • 濡れちゃう

みたいな弱点が挙げられますが、逆にいえば「普段見られないシーンが撮れることもあるのでは?」なんて思いまして撮ってきました。

なかなか普段撮らないシチュエーション、楽しかったです。

雨が降る夜の撮影

雨に濡れた手すり 走り去る車 ビニール傘越しの街灯

夜撮り歩いていると光のある場所を探します。街灯や車のヘッドライト。普段だったらボツになる写真も、ピントが合う合わないなどもはや「デザイン」になるから不思議。

水たまりのリフレクション 街灯によるスポット効果

普段は鮮やかに目を楽しませてくれる紫陽花も、夜にとるとどこかセクシー。青紫ってそんな色ですよね。実にセクシー

紫陽花がしっとり ボンネットの水滴

ずっと撮りたかった近所のコインランドリー。無人なのをいいことに撮影してきました。

レトロなコインランドリーの外観 ビニール傘が置かれた軒下 コインランドリーの洗濯機 コインランドリーのかご

人の気配のするこの温度感。こういうのを撮るのが好きなんだな。人は写ってなくても僕はこれを「ポートレート」と呼びたい。

コインランドリーに貼られた注意書き 雨に濡れる花

「雨を撮る」ってどうやって撮ればいいのかよくわからない。ストロボとか使って撮ればよかったんじゃ無いかって、いまこの記事を書きながら思い付いた。今度やろう。

雨が跳ねる水たまり

まとめ:夜の雨の日の撮影は楽しいけど結構大変

シゲ
シゲ
傘を持ちながら片手での撮影って大変でした。暗すぎてオートフォーカスが迷う時なんかそりゃもう。

難しくて、狙ったようにはうまく撮れないけど、夜の闇がうまく額縁になってくれるのがいいところ。なんとなく撮影しただけでも自分の想像を少しだけ上を行く仕上がりに。

夜のフォトウォークのいいところです。

7月のフォトウォークの前にできるだけ外で撮影することに慣れておきたい。そのための久しぶりの撮影でしたが、すごく楽しい30分間でした。

光がボケる
この記事で出てきたアイテム

散歩の時のお供、完全独立ワイヤレスイヤホンが未来的

この間Ankerのワイヤレスイヤホン買ったんですけど、歩いている間ずっとつけてました。一度も落ちそうになる事なく音楽を楽しむことができました。

お出かけの時にはいつもカバンに忍ばせておきたいアイテムですね。

あわせて読みたい
【レビュー】ANKERのゾロリバティーホワイト買ったよ少しでも外に出る意欲をブチ上げるためにANKERのワイヤレスイヤホン「ゾロリバティ」買いました。ホワイトだよ。 ...