Maschine

Maschineの曲の途中を部分的に変拍子にする(リズムを変える)方法

楽曲によっては曲の途中で拍子を変更したい時もあると思います。ダンスミュージックでは基本的に4/4拍子ですが、展開のアクセントとして部分的に変拍子を入れることも効果的だと思います。

Maschineは基本、4/4ですが、全体のリズムを変える時は上部の4/4の部分を上下にドラッグするだけで変更が可能です。

▼全体の拍子を変更するのはここで。

ただ、これだとプロジェクト全体の拍子が変わるので、アクセントとして使うなら部分的の方が効果的ですよね。

そんな「Maschine曲の途中の部分的な変拍子を作る方法」をメモ。ちょっと変わった展開にしたい時に便利ですよ。

Maschineで曲の途中で部分的に拍子を変える方法

ハードウェア・ソフトウェアの両方で可能なのですが、Maschine Mikroなどでは挙動が違うのでここではソフトウェア側でやる方法のみご紹介します

▼まずはソングモード(タイムラインにパターンが並ぶ方)の下の部分にあるグリッドの単位を変更します。(デフォルトでは1Barになっています)

▼クリックするとウインドウが開くので任意のものに変更してください。今回は1/8に設定します。

これがどういうことかというと、デフォルトの場合では1Bar(1小節)単位でしかパターンの長さを変更できませんでした。このグリッド単位を変更することで、狙ったパターンだけレングスを変拍子に変更することが可能になりました。

この状態でシーンやパターンの長さを変更するとシーン全体を変拍子にすることもできるし、個別のパターン単位での変拍子も可能です。

▼いまいちわかりづらいので動画にもしてみました。ちょっと手持ちなんで見辛いですね…。


▼特にパターンの単位での変拍子はDJプレイのループのような効果ができるので面白い展開になりますね。

入れすぎるとうっとおしくなりがちなので、部分的に楽曲に取り入れるといい感じの展開感が生まれそうですね。楽曲が出来上がった時のアレンジの1項目としてアクセントに組み込むと楽しそうです。

ダンスミュージックにスパイスを

シゲ
シゲ
4/4だけじゃなくポイントポイントで組み込むことでブレイクとしてのアクセントになるのでオススメのテクニックです。Maschineは分かりづらいですけど、できることはかなり多機能なので使いこなせるようになりたい。

地味な機能ですが、Maschineもつかいこなせればかなり楽曲の幅は広がるのではないかと思っております。いつかはMK3だけでオールジャンルの曲を作れるようになりたい!

Maschineのまとめ記事を作りました!

Maschineについてのまとめ記事を作りました!今からMaschineを始める人も、Maschineを使ってるけどよくわからない…という人のための情報をまとめた記事です。

ブログ内のMaschineの記事へのリンクもあるので、「求めている記事が見つからない」という方はこちらからチェックしてみてください。

▼詳しくはMaschineのまとめ記事

【随時更新】初心者では難しいMaschineの使い方を少しでもわかりやすくするまとめ「Maschineでトラックメイクを始めたい!」と思う方は多いと思いますが、なかなか日本語で丁寧に説明しているサイトや動画はあまりありま...
もう一つ読んでみる?