買い物・レビュー

【レビュー】ANKERのゾロリバティーホワイト買ったよ

少しでも外に出る意欲をブチ上げるためにANKERのワイヤレスイヤホン「ゾロリバティ」買いました。ホワイトだよ。

本当ならアップルのAirPodsがいいかなと思ったんですが、昔からあの形のイヤホンはとっとと耳から逃げ出すのでダメでしたね…。

このゾロリバティはカナル式なので抜けにくいイメージ。

開封

ゾロリバティ外観
真っ白なパッケージと黄色のアクセントカラーがいい感じ。黄色すき。

開けてみると雪見だいふくとたまごボーロが二個入ってました。

ゾロリバティ開封
同梱物はこんな感じ。説明不要で全部捨てました。

ゾロリバティ同梱物
付属のMicro USBケーブルが黄色なのも個人的にポイント高いですね。清潔感あってステキ。

ゾロリバティ本体と充電USBケーブル
どうやらまずは充電が必要なようです。

充電方法

充電はサイドにある端子から
充電するときはケース横にある端子から、付属のmicro USBで充電します。

モバイルバッテリーでも全然イケるので無敵。これもANKER社製のやつ。ホワイト買えばよかった。

>>>続きを読む

モバイルバッテリーでも充電可能

ランプが充電状態をさりげなく知らせてくれます。

  • ランプ1点滅→30%
  • ランプ2点滅→30~70%
  • ランプ3点滅→70%
  • ランプ4点灯→100%

視覚的に電池の残量を知らせてくれるので暗いところだとありがたい。

最初の使い始めの際は満充電にしてから使いましょう。

接続方法

電源は取り出すと自動でオンに

充電が終わったらいよいよ使用開始です。ケースからゾロリバティーを出しましょう。

デデン!

本体には操作用のタッチパッドが
ゾロリバティーのすごいところは取り出すと自動で電源が起動するところ。音楽が聞きたいという意思を汲み取るように電源がオンに。

iPhoneのBluetoothをオンにすればペアリング完了の近未来的な効果音が。グアォォォオォ

iPhoneとBluetooth接続
使わない時はケースに戻しましょう。自動的に電源がオフになります。近未来かよ。

操作方法

操作は本体にある【ZOLO】マークのタッチパッド一つで行います。押す長さやタップの回数などでコントロールできるので、たった一つのボタンでほぼすべての操作にアクセス可能です。

再生停止 ワンタップ
次の曲 右のタッチパッドを1秒間長押し
前の曲 左のタッチパッドを1秒間長押し
音量 ダブルタップしてSiriを起動して「音量下げて(上げて)」とかいう、もしくはiPhoneで操作
電源オフ めっちゃ長押し

音量のコントロールがタッチパッドで出来ないのはマイナスポイントですね。

できるだけiPhone触らずにすべての操作ができるのが理想ですが、イチイチSiriを起動するのはちょっと面倒。

シチュエーションによっては「音量下げて」って言いにくいこともありますもんね。

音質

普通

(良い悪いあんまりわからない。そんな耳良くないし。とびきりの感動はないけどぶっ倒れるほどの絶望もないです。)

デザイン


デザインに関してはブラックのほうがおすすめ。ホワイトのほうがカッチョ良さ気だと思ったんですけど、実際に手にとって見るとホワイトというよりもパール的なホワイト。

上品な光沢感はありますが、個人的にはクールでマットなホワイトをイメージしてたので残念。

使っていくうちに見慣れましたがこれから買う人はブラックが間違いない。マットなホワイトを求める人はお気に召さないかも。

リセット方法

不具合や片方からしか音が聞こえない場合はゾロリバティーを再起動させましょう。リセットの手順としては、

  1. イヤホンを充電ケースへ。再び取り出します
  2. 左右のタッチパッドを同時にダブルタップします
  3. ゾロリバティーと再接続

これでリセット処理完了。もし「アレ、なんか調子悪いのかな??」って時は試してみてください。

まとめ︰完全ワイヤレスは快適!

シゲ
シゲ
この価格でこのクオリティなら買って損はないですね。自動で再生されるのも◎

前にもBluetoothイヤホンを紹介したことありましたが、走ってるときコードが邪魔になること結構あったんですよね。

それがなくなるのはめっちゃストレスフリー。

>>>続きを読む

もうワンステップクラスチェンジするには最適解なイヤホンですね!価格もANKER製だと嬉しい設定になっているのもポイント高いです。