Maschine

Maschineでサンプリングしたサンプルを逆再生する方法

手軽にサンプリングができるMaschineハードウェアとして、オーディオインターフェイス内蔵のMaschine MK3をチョイスする方も多いと思います。

Maschineソフトウェアには編集可能で高機能なサンプラーが付属しているので、サンプリング→エディット→スライス…といった感じのフローでトラックメイクが可能です。ハード側から細かい調整ができるMK3はまさに最強。

▼サンプリングの方法は以下の記事でまとめてます。

Maschine MK3でターンテーブルやCDJからサンプリングする手順・やり方まとめお気に入りのレコードやCDからサンプリングして、音楽制作のネタにしたいと思っている方は多いと思います。思いがけないフレーズが生まれたりす...

そんなサンプリングについて質問がありました。

「サンプリングしたサンプルを逆再生させるのはどうしたらいいですか?」

サンプルを逆再生させて効果的にトラックで使うのは僕も大好きなテクニックなのでよく使います。思いがけない音が生まれるので曲のアクセントとして使ってオリジナリティを出していきたいですね。

今回はそんな逆再生についてまとめていきます。

Maschineでサンプルを逆再生する方法

といってもわざわざ記事にするほどでもないんですが、逆再生をさせるのはめちゃくちゃ簡単です。ハードウェアによって操作がそれぞれ違うので、わかりやすくMaschineソフトウェアで解説していきます。

▼サンプリングモードからサンプルの【Edit】に入ります。その下のタブに【REVERSE】ボタンがあります。

▼これをオンにするだけで波形は全体的に逆再生します。

▼スライスしたものもスライス一つごとに部分的にリバースをかけられるので、クラッシュシンバルを逆再生にしたものをよく使ったりします。

逆再生するとサンプルの余韻によって無音部分が冒頭に出てくるので、スタートポイント・エンドポイントを操作してTRUNCATEで調整しましょう。

サンプルの一部分を逆再生させる

サンプルの中の一部分だけをリバースさせる方法です。スライスしてそのまま一つずつを逆再生させる方法でもできますが、ピアノやギターのコード音を再生しながら途中でリバースさせると面白い音になります。

鍵盤が弾けないけどいい感じの雰囲気出したいって時によく使うテクニックです。

▼やり方は【Edit】の部分でリバースをかけたい部分をドラッグ、【REVERSE】を押すとその選択した部分のみ逆再生になります。

長いサンプルだとスライスする方がわかりやすいですし、短いサンプルを少し面白い音に変えたいときはこれを使ってもありですね。

小刻みに選択して【CUT】を入れ、ゲートっぽくしたり、ブツブツ途切れる感じにするのもユニークなエフェクトになるのでオススメ。

効果的なエディットで面白いサンプリングミュージックを

シゲ
シゲ
iMaschineでもサンプルのリバースができるので、iPhoneから直接サンプリングするのもありですね!

サンプリングでトラックメイクするなら覚えておきたいテクニックなので、「Maschineで逆再生ってどうやるんだっけ?」って人の参考になれば嬉しいです!

Maschineのまとめ記事を作りました!

Maschineについてのまとめ記事を作りました!今からMaschineを始める人も、Maschineを使ってるけどよくわからない…という人のための情報をまとめた記事です。

ブログ内のMaschineの記事へのリンクもあるので、「求めている記事が見つからない」という方はこちらからチェックしてみてください。

▼詳しくはMaschineのまとめ記事

【随時更新】初心者では難しいMaschineの使い方を少しでもわかりやすくするまとめ「Maschineでトラックメイクを始めたい!」と思う方は多いと思いますが、なかなか日本語で丁寧に説明しているサイトや動画はあまりありま...
もう一つ読んでみる?