【レビュー】MPD218がフィンガードラムパッドの最初のMIDIコントローラーとして初心者におすすめ




【レビュー】MPD218がフィンガードラムパッドの最初のMIDIコントローラーとして初心者におすすめ

MaschineやMikroなどのドラムパッドタイプのMIDIコントローラーは、ドラム出身の人からするとかなり重要な打ち込み機材ですよね。

そのドラムパッドも各メーカーによって価格やパッドの質感、できるコントロールの幅も違うので初めて打ち込み用のドラムパッドを買うときは悩むものです。

初めての機材で何万円もする機材を買えないので、

  • できるだけ安い
  • コンパクト
  • パッドの質感がいい

そんなアイテムを求めているなら今回ご紹介するMIDIコントローラー「AKAIのMPD218」が一番おすすめです。

今までMaschine系列のパッドをメインで使っていたのでこのMPC系列のパッドを使ったことがなかったんですが、「この価格帯で感度がかなりいい」と評判だったので初めて購入してみました。

ちなみに他にも上位機種が二つ。

上位機種はコントロールできるノブやフェーダーが多かったり、パッドがカラーだったりしますね!

評判通りの感度と使用感で、しかもこのコンパクトさがかなり絶妙なアイテムなので、低価格帯でいいパッドを探している方はこちらを検討してみてはどうでしょうか?

  • 打ち込みといくつかのオートメーション書ければいい
  • フィンガードラム練習用と割り切ってコンパクトに使いたい
  • iPhoneでフィンガードラムしたい

こんな人にはオススメできるドラムパッドです。そんなMPD218のファーストインプレッションとレビューです。

でも、「曲作りに必要な作曲ソフトや音源も欲しい!」「フィンガードラムだけじゃなくてDTMもちゃんとやりたい!」という人にはMaschineシリーズがオススメです。まとめ記事も作ったのでチェックしてみてください!

https://finger-play.com/maschine-summary/




MPD218使用感レビュー

まず、特筆すべきはこのコンパクトさ。僕のメイン機であるMaschine MK3はパッドの感度も最高ですし、コントローラーとしてかなり操作性が高いのが特徴ですが、なんせ場所をとります。

ですが、このMPD218はこのサイズ感。

MacBook Pro15インチと並べてみるとこんな感じ。小さいのがわかるでしょうか?

Maschine MK3と比較するとこんな感じですね。サイズ的にここまでコンパクトで軽いのはなかなかありません。

パッドの質感はゴムっぽい感じ。Maschineと比べて叩き心地はちょっと硬めですね。個人的にホコリがたまりやすいのが気になります。

横のアサインできるノブは質感がかなりいいですね。値段の割に安っぽい感じはなく、ロータリーノブになっていて重めな操作性が高級感があります。(フィルターのカットオフとかアサインしてやってみたらロータリーじゃない方が良かったことに気づきましたが…)

基本的には16パッドが3グループ。48のアサインが可能です。他にはノートリピートやフルベロシティ固定が可能です。この手のパッドコントローラーでノートリピートがついているのは嬉しい。

パッドの感度は良好。Maschine MK3に比べると劣りますが、打ち込みやフィンガードラムには十分な感度ではないでしょうか?Maschineが100だとすると90くらいの感度といった印象。Mikroは85くらいですかね。Mikroよりいい感じの印象です。

https://finger-play.com/maschine-mk3-review/

https://finger-play.com/maschine-mikro-mk3-review/

ただ、このパッド自体に個体差があるらしく、当たり外れがあります。中古でもよく出回っているので買ってみてダメなら売って買い直すのも一つかと思います。Maschineとの叩き心地は違いますが、慣れるとMPCのパッドもいいですね。

※2020/04/03追記:ちょっと分解して改造すると意外と感度が良くなったりするので、自己責任でやってみるのもありです。

【解説動画あり】MPD218をパッドの感度調整改造したら良くなった

あと外部接続機器によってはこれiPhoneとかでも使えるので最小のドラム構成が可能です。パソコンがなくてもiPhoneのGarageBandとかでフィンガードラムの練習もできるので、

  • iPhone
  • MPD218
  • Lightning接続のオーディオインターフェイス

があればどこでもフィンガードラム練習ができます。

※2020/04/03追記:下記のようなUSBーLightningのケーブルを使えばiPhoneやiPadと接続できます!

MPD218のイマイチなところ

使ってみて感じた不満点がいくつか。

MIDIコントローラーを自分の好みにカスタマイズするエディターが使いづらくてわかりにくいというところ。Logic Pro Xで使うときはカスタマイズ必須です。

MPD218 editor

各パッドを選択して【MIDI NOTE】を変更するだけなのですが、Maschineの時より複雑に。パッドのカラーも赤一色なのでどのパッドに何がアサインされているか、視覚的に理解しにくい点ですね。

変更したいパッドを選択して、左上のMIDI NOTEを任意の数字に変更します。(例えばここにスネアを入れたければスネアに該当する数字を入れる)

下の表を参考にしてナンバーを入れてみてください。スネアなら太字にしてありますが38ですね。MIDI NOTEに38を入れます。

No.English日本語
35Bass Drum 2バスドラム 2
36Bass Drum 1バスドラム 1
37Side Stickサイドスティック
38Snare Drum 1スネアドラム 1
39Hand Clap手拍子
40Snare Drum 2スネアドラム 2
41Low Tom 2ロートム 2
42Closed Hi-hatクローズハイハット
43Low Tom 1ロートム 1
44Pedal Hi-hatペダルハイハット
45Mid Tom 2ミドルトム 2
46Open Hi-hatオープンハイハット
47Mid Tom 1ミドルトム 1
48High Tom 2ハイトム 2
49Crash Cymbal 1クラッシュシンバル 1
50High Tom 1ハイトム 1
51Ride Cymbal 1ライドシンバル 1
52Chinese Cymbalチャイニーズシンバル
53Ride Bellライドベル
54Tambourineタンバリン
55Splash Cymbalスプラッシュシンバル
56Cowbellカウベル
57Crash Cymbal 2クラッシュシンバル 2
58Vibra Slapヴィブラスラップ
59Ride Cymbal 2ライドシンバル 2
60High Bongoハイボンゴ
61Low Bongoローボンゴ
62Mute High Congaミュートハイコンガ
63Open High Congaオープンハイコンガ
64Low Congaローコンガ
65High Timbaleハイティンバル
66Low Timbaleローティンバル
67High Agogoハイアゴゴ
68Low Agogoローアゴゴ
69Cabasaカバサ
70Maracasマラカス
71Short Whistleショートホイッスル
72Long Whistleロングホイッスル
73Short Guiroショートギロ
74Long Guiroロングギロ
75Clavesクラベス
76High Wood Blockハイウッドブロック
77Low Wood Blockローウッドブロック
78Mute Cuicaミュートクイーカ
79Open Cuicaオープンクイーカ
80Mute Triangleミュートトライアングル
81Open Triangleオープントライアングル

「入れたけどスネアの音がならない!」と思うでしょうが、このデータをMPD218に転送する必要があります。

【File】→【Send To Hardware】を選択して、

SEND PRESETの【SEND】をクリックします。するとデータが送られるのでパッドを叩くとスネアの音がなるはずです。

これでLogic Pro XやGarageBandでもドラム編集ができるようになりました。僕もバッチリ把握しているわけではないですが、これでどうにか普通にドラム叩けるようになりました。

パッドが編集し終わって、これを保存するときは同じ【File】→【Save As】からできます。このファイルがパソコンにも残るので、変更してもまた同じレイアウトに変えられます。

あとはベロシティ固定にするとたまに誤動作として2発打ち込まれたりすることがあるので、叩き方の問題か、感度の問題かわかりませんが叩き方を意識しないといけないかも。

ずっと叩いてれば慣れるので違和感程度ですが、個体差があるというのは否めないですね。当たり外れはありそう。

それでもフィンガードラムの練習にはなるので楽しいです。撮影はミニ三脚と100均一のスマホホルダーでやってます。

安くてコンパクトでフィンガードラムできる最小構成はMPD218

持ち運びにも便利だし、打ち込みとフィンガードラムに関してはこれが最適解だと思います。ゴーストノートも練習すれば行けそうだし、「一台あると便利」というアドバイスをもらったんですがまさにその通り。

フィンガードラムの練習やデスク上のスペースの節約にも、こういう引き出しに入るくらいの本格的なドラムパッドがあるとかなり便利ですね。

これにオーディオインターフェイスをかませてiPhoneがあれば外でも十分に練習ができるので、上達への第一歩だと思われます。暇な時間を利用してフィンガードラムを日常的にできるのは嬉しい。

これからフィンガードラムを始めてみたいって人には一番おすすめなのがMPD218ですね。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 3 )

コメントはまだありません。

  1. […] MPD218を買ってから気軽にフィンガードラムの撮影をして、ツイッターなんかにアップしています。コンパクトで軽いし、場所を取らずに練習できるのは嬉しい。 […]

  2. […] 【レビュー】MPD218がフィンガードラムパッドの最初のMIDIコントローラーとして初心者におすすめMaschineやMikroなどのドラムパッドタイプのMIDIコントローラーは、ドラム出身の人からする […]

  3. […] 【レビュー】MPD218がフィンガードラムパッドの最初のMIDIコントローラーとして初心者におすすめMaschineやMikroなどのドラムパッドタイプのMIDIコントローラーは、ドラム出身の人からする […]

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)