お金が貯まらない人ほど使うべきアプリ、「毎日の予算」がダメならもう節約は諦めよう




お金が貯まらない人ほど使うべきアプリ、「毎日の予算」がダメならもう節約は諦めよう

あれも欲しい。これも欲しい。もっと欲しい、もっともっと欲しい。

みんなこの気持ちはわかってもらえるだろう。お金なんていくらあっても足りないんだ。こんなに一生懸命頑張って働いたのに、いなくなる時はほんともう一瞬。次に会えるのはいつだろう。

そう嘆く人は多いだろう。とりわけ僕の周りもそうだし、僕もそうだ。だれかお金ください。

前置きはいいとしてまずはこのアプリを見てもらいたい。

「毎日の予算」

「毎日の予算」

C Ruttinger無料posted withアプリーチ

このアプリはいわゆるお小遣い・家計簿アプリで、毎月の収支をつけていくアプリです。それ系のアプリを使っている人も多いのではないでしょうか?

▼僕も今まではこのアプリ使ってました。

シンプルで使いやすい「家計簿おとなのおこづかい帳」アプリで日々の収支管理

ですがこのアプリはちょっと他のアプリとは違っていて、「いくらもらって、いくら使ったか」ではなく「いくら貯金したいから、今日いくら使えます」と言うアプリです。

ちょっとピンとこないかもしれませんが、この逆の発想に僕は感心しました。

いわゆる先取り貯蓄法的なやり方で、先に節約したい金額を決めてそれに基づいて1日ごとに使える金額が計算される仕組み。先に取っておくわけなので確実に貯蓄・節約ができるはずです。

iPhone・iPad共にアプリは対応しています。もちろん無料。

ちょうど来月から1ヶ月1万円生活をするつもりだったので、このアプリを使ってお小遣いを上手いこと管理してみようと思います。




まずは初期設定

では使いはじめてみましょう。まずは初期設定からです。

▼最初は毎月の予算を決めます。僕は1万円生活なので「10,000円」と入力。すると日割りしてくれて1日使える金額が計算されます。

10,000円だと1日323円…。

▼続いては固定費の入力ですね。きっちりつけたい人は細かく入れてください。僕は生活費は別なので毎月決まった出費はガソリン代くらいですね。追加することもできます。

▼そして貯蓄率も最初に決められます。30%に設定すると月に2,700円貯められます。その分1日に使える金額はなんと…203円に。

▼これで毎日お金を使わなければ残高が増えていく仕組みです。元々あったのが減っていくより貯まっていく感じが楽しい。節約がポジティブに考えられるのでいいですね!

▼メインメニューから色々な機能を利用することもできます。シンプルなUIで使い勝手は良さそうです。

▼試しに臨時収入としてPayPayの残高を入れました。すると使える額がふえましたね。

ざっくりとした感じのお小遣い管理ならこれくらいで十分。僕は無料プランで行けそうです。

もちろんしっかりと家計管理したい方はフル機能で買い切り1,100円だったかな、それで全ての機能がアンロックされるので無料を使ってみてから考えてもいいかも?

10日間ほど使ってみた

10日くらい使ってみましたが、グラフで収支の視覚化ができるのがいい。

app内課金すると色んなグラフが見れるんですが、フリーだとこれだけです。しっかりと家計管理するなら課金した方がいいっぽいです。

収支のカテゴリーが少ない人ならフリープランでも継続できそうです。

「使う」よりも「貯まる」ことにフォーカスしたお小遣いアプリ

シゲ
普通のお小遣い帳だと毎日減っていくんですが、このアプリの毎日残高が増えてく感じはクセになりますよ!

これならズボラな僕も続けられそうです。一日何にもお金を使わなかったら残高が増えてるので「よっしゃー!」ってテンション上がるので楽しい。

アプリで管理できるのでうちの奥さんも食費とかこれでやってみるそうです。iPhoneで管理すると打ち込みが楽でいいですよね。紙だと時間ないとなかなか書けないので、気軽に入力できるのが一番です。

「毎日の予算」

「毎日の予算」

C Ruttinger無料posted withアプリーチ

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)