【レビュー】ガタイがいいのでピークデザインのストラップ「スライドブラック」買ったよ




【レビュー】ガタイがいいのでピークデザインのストラップ「スライドブラック」買ったよ

もうタイトルの通りなんですがストラップ買いました。

ピークデザインの「スライド」です。スライドライトじゃなくておっきい方のやつ。でかいやつ。

▼こっちはスライドのライト。スライドと比べると細身のやつ。シュッとした人はこっちの方が似合う。

カメラ新しくしてストラップどうするかなーって思って色々物色してました。レザーのストラップとかも使ってみたんですけど、結局ピークデザインに戻ってくるんですね。ただいま。

前にも使ってただけに使い勝手がいいのはすでにアンダースタンド。

スライドライトと迷ったんですが、ガタイがいいので細いストラップよりでかいストラップの方がいいかなと。ゆくゆくはX-H1の購入も視野に入れているので、でかいカメラぶん回したいとなれば大は小を兼ねるバカの思考で決断しました。

この記事で言いたいことは、

  • ストラップ買ったよ
  • ガタイいいからでかいやつ買ったよ
  • X-H1も欲しいよ

言いたいことはなんとここで終了なんですが、せっかくなのでどんなもんかレビューしたいと思います。




ピークデザインスライドレビュー

もうこれだけ有名なアイテムになればレビュー記事なんて山ほどあるので僕がする必要はないと思うんですが、僕のように「ガタイがいいんだけどそういう人はどうしたらいいの?」と悩んでる人の参考になれば。いないならもう僕は必要ない。

詳しいスペックや詳細はこの記事見ればわかると思います。わかんない人はもう諦めましょう。素手でカメラわしづかみして持ち歩いてください。

早速開封していきましょう。

▼ぱっかーんしたらもうそれがそこに。「こうやって使うんだぞ」と言わんばかりにアンカーとリンクスがドッキングしてます。

▼中身はこんな感じです。パッケージがおしゃれなだけに開封方法が謎すぎて、箱は力でねじ伏せました。ストラップの強度に加えて箱もなかなか頑丈で手を焼きました。

▼これが「スライド」と言われる機構の一つスライドバー。これがあるからこそスムーズな調整が可能です。

▼方に当たるパッド部分の裏側には滑り止め加工が。移動中はこちら側にしてカメラのぶらぶらを防いでくれます。下着界で言うところのブリーフみたいなもんです。

装着感はこんな感じ。したのFUJIFILM X-T2についてるやつがそうです。ガタイがいいと普通のスライドで全然いい感じですね。

華奢な人はライトの方がおすすめです。

これ買ってから結構フォトウォークに行きましたが、特に壊れることもなく強度は文句なし。スライド機構も使いやすいのでもうこれでいいのでは感がありますね。

2019/12/12 柴又でフォトウォーク「#柴又探索隊」

仕事前に江ノ島の鵠沼海岸で朝日を撮って遊んできた

早起きして早朝の江ノ島から朝日撮ったよ

夜明けとともに静かに動き出す片瀬漁港をXF90mmf2.0で切り取る

2020/0123江ノ島・鎌倉フォトウォークvol.1「早朝・鎌倉」

不満点が一個だけあるとしたらショルダーパッドがもう少し柔らかいとよかったかなーと。使っていくうちにヘタっていくと思うんですが、取り外した時の収納に硬いとやりづらいので。まあ気にしないっちゃ気にしないんですけどね。

大は小を兼ねるのでガタイがいい人はおっきいの買ってみてはどうかね

シゲ
程よく大きいカメラじゃないとバランスは悪いかもしれませんが、長時間の移動などではパッドがあるとかなり緩和されるのでオススメ。

色も2種類あるのでお好みに合わせて選びましょうね。

それだけです終わり。H1落ちてないかな。いつでも受け入れ態勢は整ってるんだが。

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)