CAMERA

【作例レビュー】FUJIFILM XF56mmF1.2Rはやっぱ最高のレンズだった

ついにきたよ、ボスキャラの玉座の前に。いざ、バラモス。

今までにいくつかのFUJIFILMのレンズを使ってきました。その中でも個人的にボスキャラ的な位置付けだと勝手に思っていたのがXF56mmF1.2Rというレンズ。

F1.2とめちゃくちゃ明るい中望遠ポートレートレンズ。作例を見る限り「写真始めたらこういうのが撮りたいんだよね」っていう写真が撮れる、Xマウントの中でも夢が詰まった至高のレンズです。ただ、ちょっとばかし値段が高いのでなかなか手が出せない人も多いと思います。

僕も「いやーちょっと高いよなあ」と思いつつXF56mmF1.2Rの作例を探してたんですけど、もうこの記事とか見てみて。みたら買いたくなりますよ絶対。

まさにポートレートレンズとして最強ではないでしょうか。こんな素敵に撮るテクニックはありませんが、僕も主な被写体は子供や日常、スナップなど。人をよく撮ります。

今までにない画角なので写真のバリエーションも増えるのでは?と思い清水の舞台から飛び降りて複雑骨折するつもりで購入しました。(中古)

レンズの詳細などは以下の記事が詳しいのでそちらを参考に。

スペックとかもはやどうでもいいので撮った写真を見てください。僕にできることなんてもはやそのくらいです。

XF56mmF1.2Rレビュー

まずは美しいこの外観を見てください。レンズがすごい、なんせレンズがすごいんです。ブラックホールみたいでしょ。

F1.2だぞ。めっちゃ明るい。

レンズを覗き込むってちょっとワクワクしますよね。

サイズ感はこんな感じ。僕の手は標準的な大きさですが、手に持って余るサイズと言えばいいんでしょうか。おっぱいでいうとC〜Dカップくらいです。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

レンズのフィルターサイズは62mmとなっております。つけないけど。僕はいつでもノーヘル派。

このサイズ感といい、大口径レンズの佇まい。もう芸術品ではないでしょうか。正にラスボス。いざ、バラモス。

室内では結構ギリギリの換算85mmくらい

XF56mmF1.2は35ミリ換算で85mmくらい。(だったよな)室内での撮影は結構ギリなゾーンかと思ってましたが、意外と撮れます。

ちょっと距離が必要ですが、背景をバッチリぼかした写真撮れます。子供などの動く被写体はピント合わせが結構しんどい時ありますが、どうせ家の中だし。ヒマな休みの日だし。のんびり撮る分には気にしない気にしない。

室内って最初に買うキットレンズとかで初めて撮った時「え、こんなに暗いの?家の中大丈夫?停電?」って経験あると思うんですが、XF56mmはF値が1.2とめっちゃ明るいので大丈夫。

日中はもちろんのこと、夜でも開放で撮るなら感度あげなくても結構いけます。

(上の写真は以下の記事より)

「成果物」よりも「フローを楽しむ」ことを大切にしたい新しいカメラを買って、写真を日常的に撮ることが増えました。 一度全ての機材を売ってしまっていたので、本当にゼロからまたカメラを趣味...

うちは狭いので結構ギリギリでしたが、普通に戸建てとかの広い家の方なら全然射程範囲内です。むしろ標準レンズよりも面白い写真が撮れるので積極的に使っていきたいレンズですね。

子供との距離がどうしても離れて撮る形になるので、「もっと被写体に近づきたい!」って人は35mmくらいがオススメ。XF35mmF1.4はもっと自由度が高い万能レンズなのでそっちの方がいいかも。

【作例レビュー】僕の撮りたいものがすべて撮れるレンズFUJIFILM XF35mmF1.4 R僕が初めて富士フィルムのカメラを買ったのはFUJIFILM X-T10。そして最初に手に入れたレンズがこのXF35mmF1.4 Rです。...

あと、写真撮る時、子供に声かけながらだと、ダッシュで寄ってくるのでオートフォーカスを置き去りにします。大体98%くらいの確率でピント合いません。

ちょい離れて絞ればブツ撮りもいけるよ

最短撮影距離っていうんですかね?ピントがあう一番近いところで70センチくらいなので、距離をとればブツ撮りもいけますね。行けますねっていうか行くっしょ。

上の写真もめちゃくちゃ手を伸ばして撮ったので、細かいところはコントロールできませんがいけます。っていうかレンズ変えろよって話ですが、「レンズ変えるのめんどくさ」って時でもなんとかなることをお伝えしておきます。

メガネ拭きでおすすめのキョンセームとトレシーを比較したよ普段からメガネをかけてる人ならわかると思いますが、メガネが指紋とか油で汚れるとテンション下がりますよね。特に触った記憶もないのに定期的に...

注意が必要なのが、ピント面が浅いのであんまり近いとボケボケになります。ちょっと絞って(F値を1.2とかじゃなくて4とかにして)撮ると割といい感じに撮れます。多分。

基本的に外で使う方が大活躍するレンズですけど、じゃあ室内じゃあダメかっていうとダメだからで片付けたくないレンズですね。

僕は「大は小を兼ねる」って言葉が好きなんですけど、なんかパワーで殴る感じが良くないですか?なんでもそういう極端なバカみたいな思考を突き通す、僕みたいな考えの人にはなんの問題もないレンズです。

ストリートスナップでこそぶっちぎりに大活躍するレンズ

縦構図ばかりで申し訳ないんですが、ストリートスナップではぶっちぎりです。

主題がはっきりと出てくるので撮ってて楽しいレンズですね。中望遠だけに少し距離を置いて撮影できるのがストリートスナップでは武器になります。距離感的にはXF90mmF2の方がより離れて撮れますが、XF56mmF1.2の方がコンパクトです。

絵作り的には両方あると最強感あります。

XF56mmF1.2で横浜・中華街で1時間だけ写真撮ったよXF56mmF1.2は85mmの中望遠。ポートレートレンズとして使うならやっぱり外で撮りたいところ。残念ながらポートレートを撮る相手もい...
XF90mmF2 R LM WRで公園で遊んできたあいにく休みの日が雨つづきでなかなか外で写真を撮る機会がなかったんですが、先日近所の公園へ次男を連れて遊んできました。ちなみに長男は幼稚...

キラキラしたフレアや玉ボケが美しい

太陽を入れると美しいフレアが出ます。フードしてないからってのもありますが、このフレアが僕のごちそうなんです。オールドレンズほど盛大には出にくいですが、すごく好きな色のフレアですね。

僕はまだないんですが、あんまりフレア出るように太陽光撮るとセンサーが焼けるらしいので、あんまり推奨できる撮り方ではないですが…。やっぱりこういう描写が欲しくてついやってしまいがちですね。

特に夕方あたりの低い光が艶っぽい幻想的な写りになるのでオススメ。

2019/12/12 柴又でフォトウォーク「#柴又探索隊」先日、東京・柴又をフォトウォークしてきました。寒い寒い12月...のはずでしたが、その日は20度に近いほど暖かいピーカンでしたね。よかっ...

f1.2は夜でもいけるぞ

夜は明るさを確保するのが大変なのでなかなかハードル高いんですけど、f1.2の明るさがあればある程度は撮れます。それでもISO上げないとなかなかしんどいですけど。明るいに越したことはありません。

特に雨の日は水たまりの反射や水滴で玉ボケが出やすいので、キラッキラする写真が好きな方はこのレンズハマると思います。かなりの大雨だと浸水しないか不安ですが、撮れる写真は楽しいものばかりでした。

毎日少しでいいから写真を撮る習慣をつけたいものです。

時間がない時でも写真撮りたいから夜スナップしてきた「写真撮る時間がなかなかとれない」という人は多いのではないでしょうか? 僕も休みは週1だし、仕事も終わるのは9時過ぎだし、朝早いの...

人を撮るだけにとどまらないオールラウンダーレンズ

シゲ
シゲ
少しオートフォーカスは遅いですが、その描写力と明るさ。そしてそのクオリティにもかかわらず驚くほどコンパクト。これは買ってよかった。

特に「人」を撮りたい人にとっては是非使ってみてもらいたい。子供でも大人でも素敵な写真が撮れること間違いなしですよ!

来年はこのレンズを使ってたくさんの人を撮る年にしたいと思います。皆さんどこかで会ったら写真撮らせてくださいね!

もう一つ読んでみる?