CAMERA

FUJIFILM X100Fのシャッターが壊れた!修理にかかった費用と日数とかまとめ

先日我が愛する名機FUJIFILM X100Fのシャッターが壊れました。

ポロッと外れたので僕の歯でも抜けたのかと思いましたが、僕の歯よりも大事なFUJIFILM X100Fのシャッター部分が取れているではありませんか。ああああ。

これではシャッターが押すことができません。というか厳密には押すことは可能なんですが、部品がバラバラになってしまっているので押すたびに取れちゃいます。

最高のコンデジと言われているFUJIFILM X100Fが、これではただの鉄の塊になってしまいます。 自分でも色々と直せないかいじってみましたがダメで、これはもうサービスステーションに持っていくしかないという状況に。

最終的に修理を依頼することになりました。僕とFUJIFILM X100Fとの修理の一部始終まとめをご紹介します。もし同じようにカメラやレンズが故障した方の参考になればと思います。

  • 修理依頼から完了までの流れ
  • かかった日数
  • かかった費用

などを中心に僕の故障内容と合わせて解説していきます。基本的には故障した場合にはこの手順で同じように進めていけばオッケーだと思います。

10月25日:レリーズボタンを接着剤でつけて壊れ始める

いきなり何を言っているのかと思われると思いますが、よくとれるので有名なレリーズボタン。

買ってから取れないようにと瞬間接着剤を使ってシャッターに固定しました。

最初のうちはがっちり留まってくれて外れることもなくなったので「これ最高じゃん」と思ってたんですが、負荷がかかりすぎるのかだんだんとシャッター自体が浮いてきました。

どうやら瞬間接着剤でレリーズボタンを固定するのはダメらしいとのこと。僕のように「取れるなら固めてしまえレリーズボタン」みたいなノブナガ的な思想をお持ちの方は今すぐやめてください。

これが全ての原因ではないと思いますが、今までの経験からするとこれが引き金になってしまったんだと思います。

11月26日:シャッターごとポロリと取れる

ここでついに外れます。最初のツイッターの写真でもわかると思いますが、普段なら取れることのないシャッター自体が外れています。も一度載せておきます。

こんな取れ方はしたことないのでめっちゃ焦りました。とりあえずうまい具合にのせればシャッターは切れますがその都度取れるのでアウト。もうこれは修理を依頼しようと決意しました。

11月30日:FUJIFILMサービスステーションへ電話

11月30日にサービスステーションに電話をして詳細を話して指示を仰ぎました。一番近くて東京なのでなかなか行ける感じではありません。遠方の人はまず電話を入れましょう。

FUJIFILM 東京サービスステーション:03-6271-1080

初めて電話したんですが、親切丁寧に対応してくれました。その時の会話の内容はこんな感じでした。

シゲ
シゲ
あの、FUJIFILM X100Fを使ってるんですけど、シャッターが取れました。どうしたらいいでしょうか?
フジの人
フジの人
サービスステーションに持ってきていただくか、修理工場へ送っていただいて見積もりを取っていただくかになりますね…。お預かり期間は1週間から10日ほどいただく形になると思います。
シゲ
シゲ
東京までいくのは大変なので郵送で送る形でお願いしたいんですが…。
フジの人
フジの人
でしたらFUJIFILMの修理工場が宮城にあるので、そちらに直接送っていただくのが一番かと思います。
シゲ
シゲ
いきなり送っても大丈夫なんですか?手続き等は必要ないんですか?
フジの人
フジの人
郵送されるカメラと一緒にカメラの状態と修理箇所(今回だとシャッター)の詳細を紙に書いて「見積もりをお願いします」と記入して送っていただけば大丈夫です。
シゲ
シゲ
なるほど!それでは早速そちらの方に送って対応を待つことにします。

こんな感じの流れでやり取りしました。スタッフの人も終始丁寧で印象が良かったです。

東京まで行く時間もないので郵送で修理工場の方へ送ることに。

12月3日:FUJIFILM修理工場へ発送

サービスステーションに持ち込むよりも直接FUJIFILMの工場に送った方が早いそうです。手元にカメラがない期間が困りますが、背に腹は代えられません。

早速適当な段ボールに詳細を記入した紙と一緒にFUJIFILM X100Fと外れたシャッターを入れて、宮城にある修理工場へ郵送しました。

FUJIFILM修理工場住所:〒989-5501 宮城県栗原市若柳字川北中文字95-1 富士フイルム修理サービスセンター TEL:050-3786-1040

郵送したのはシャッター部分の取れたFUJIFILM X100F。

シャッター部分と中に入っているレリーズとばね。

細かい部品は小さい袋に入れて。

中には詳細を書いた紙を一緒に入れておきました。梱包した後に入れてないことに気づくくらい動揺しています。

記入したのは、

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 故障の詳細
  • 「見積もりをお願いします」と依頼の旨

あとは到着して工場の方からのフィードバックを待ちましょう。

12月4日:故障の現状と修理見積もりの電話

無事に工場の方に到着の連絡メールが郵便局からあり、その日のうちに富士フィルムの修理工場から電話連絡がありました。

フジの人
フジの人
富士フィルム修理工場のものです。お届けいただいたFUJIFILM X100Fの件でお電話しました。
シゲ
シゲ
お世話になります。修理はどんな感じになりますでしょうか?
フジの人
フジの人
シャッター部分が取れているのとEVFの部分に割れがありました。上部の基盤ごとレンズも外して交換になりますので、修理費用が高額になってしまいます。
シゲ
シゲ
まじすか。
フジの人
フジの人
手数料や全て入れると60000から70000円程度になるかと思いますが…いかがいたしましょうか?
シゲ
シゲ
それくらいかかるなら買い換えた方がいいかもですね…。それではそのまま着払いで返送していただけますか?
フジの人
フジの人
部品自体が高額なものになるので…。では修理はせずそのまま送り返します。送料の方は弊社で負担しますので受け取りの方よろしくお願いします。
シゲ
シゲ
ありがとうございます!よろしくお願いします。

という感じで修理をキャンセルしました。最初は修理してもらってから売りに出して、その資金で新しく買おうかと思ったんですが、手数料やタイムラグを考えると自分で修理してみてもいいかなと。ダメならダメでまた新しく買えばいいやと。

ということで修理してみました。

12月6日:自分でFUJIFILM X100Fを修理

【自己責任でお願いします!】推奨されている直し方ではないので自分で直すのはオススメしません!ちゃんと修理に出して直してくださいね!

修理しないで返送されてきたFUJIFILM X100Fですが、仕組みを理解すれば直せるんじゃないかと謎の自信がありました。

動画で撮りながらなのでやりにくかったですが、電源が入る仕組みとシャッターを切る仕組み。


シャッター部分が下の基盤部分と連動して電源オンオフになるのがわかりました。シャッターは押し込むことで切れるので、この基盤の部分とシャッターの部分をくっつけたら使えるんじゃないでしょうか?

自宅で瞬間接着剤を使ってシャッター部分をくっつけてみました。


とりあえずくっつきましたが接着剤の力が強いので、電源のオンオフがめっちゃ硬い。でもとりあえず撮れるので、自宅用として使って行こうと思います。

外で撮るときはFUJIFILM X-T1があるのでそっちで、自宅のブツ撮りなどはFUJIFILM X100Fでと使い分けが必要ですね。

結果的にFUJIFILM X100Fが直ったので良しとしましょう

無事に?直ってよかった
シゲ
シゲ
写真が撮れないカメラはただの鉄の塊ですが、やりづらいなりにも写真が撮れるカメラには価値がありますね。用途は限定的になりますが、僕にとってFUJIFILM X100Fは最高のカメラなのでまだまだ使って行こうと思います。

故障が直ったと言ってもあくまで応急処置なので、これで後継機がでるまで持ちこたえられれば…!!かかった費用は0円でしたが、いつ使えなくなるかわかりませんしね。

それまでに頑張ってお金を貯めて待ってましょう!

【作例レビュー】FUJIFILM X100F(ブラック)は子供を撮るサブカメラに最高のコンデジ!一緒に買ったアクセサリー6つ富士フイルムのコンデジ「FUJIFILM X100F(ブラック)」をゲットしました。やったね! 「今更コンデジかよ」 ...
家族旅行におすすめなのはコンデジだ!子供との思い出を残すカメラFUJIFILM X100F先日、家族+友達で名古屋まで家族旅行に行ってきました。 旅行といえば思い出を残すのにカメラが必要ですが、カメラを趣味にしている人は...
秋の空気感をFUJIFILM X100Fとクラシッククロームベースの設定で撮る作例暑かった夏も終わりました。外に出かけやすくなり、秋らしい色に景色も変わってきました。 ついにこの季節が来ましたね!そう、クラシック...
FUJIFILM X100F フィルムシミュレーション「アクロス」で撮る名古屋モノクロスナップ作例FUJIFILM X100Fから新しく搭載されたフィルムシミュレーション「アクロス」。モノクロのフィルムシミュレーションで、豊かな階調を...
もう一つ読んでみる?